ヘルペス治療に用いる薬

ゾビラックスとは、アシクロビルを成分とするヘルペスウィルスの増殖を抑制する抗ウィルス薬の一種とされ、ヘルペスには口唇や性器以外にも帯状疱疹や水疱瘡等も同様の原因ウィルスとするのでこれらの症状を治療する際に用いられる経口内服の医薬品となり、感染あるいは再発の初期の段階で用いる事でウィルスの増殖を防ぐ事が出来るのでより高い効果を期待する事が出来るとされ、上記の中で生涯で一度の発症とされるのが帯状疱疹や水疱瘡となり完治させてしまえば再発を心配する必要は有りませんが一ヶ月近く治療期間を要し水膨れが出来た部位には死滅した細菌が残るので表面上は黒く見え半年程で消えるとされています。
ゾビラックスは感染細胞内に取り込まれる事によって成分アシクロビルが活性化する事で作用するとされ細胞内のDNA鎖が伸長する事を阻害する事によって遺伝子情報が複製されてしまう事を防ぐ事ができ増殖を抑制するとされ、本剤を含めどの抗ウィルス薬を投与しても体内にいるウィルスを完全に死滅させる事は現代医学では不可能とされているのでヘルペスのみは再発を繰り返してしまうと言われ、体調が悪い時や風邪等で免疫が低下している時等に再発を起こしてしまう事が有るのでゾビラックスを常備しておく事も対策の一つとされています。
同一アシクロビルを用いた剤形が異なる薬剤も有るとされ、感染部位によっては外用薬を用いて感染部位に直接塗布する事や液剤を直接注射器を用いて注入する事も有ります。
体の小さな小児用もあるので副作用は少なく比較的安全性が高いとされますが、起こりやすいものとして胃や腸に症状が現れるとされ下痢、吐き気等が見られる事が有り、他にも皮膚の表面上に発疹が現れる等の皮膚症状、あるいは頭痛や目眩を伴う事も有るので内服直後の運転や危険な作業は予め控える事が推奨されます。
又、本剤は投与回数が多く基本を一日200mg錠を五回としており、帯状疱疹の場合には800mg五回としているので症状によっても内服方法や用量が異なるので注意が必要となります。

ヘルペス|ゾビラックス|性病|コンビニ薬局